ジェフ便り

【千葉vs金沢】レポート:早い時間の先制点で優位に立ち、球際の勝負やセカンドボールへの出足で上回って勝つ

フアンエスナイデル監督「大切なのは、どこでプレーをするか、どこからプレスをかけるのか」

2017年07月21日 20:55 by akanuma_keiko
 
【写真】紅白戦形式の戦術練習の途中で、ディフェンスラインでのパス回しについて近藤直也に指示をするフアン エスナイデル監督。
 
●フアン エスナイデル監督:
Q:前節(第23節)の熊本戦は4-1-3-2のようなシステムで臨んだと思います。それはどのような狙いを持ってのものだったのかということと、これから重要なオプションの1つになるのかということを教えてください。
「まず、意図としては中にあるスペースを使いたかった。メインは清武(功暉)のこの(中央の)スペースですね。ただ、うまく実行には移せなかったと思います。前半はうまく動いて(ボールを)受けるスペースがあったのですが、(このシステムに選手が)慣れていなかったのか、もしくは指示がうまく伝わっていなかったのかもしれません。相手の背後、特にサイドのところを狙いたかった。そして、清武もしくはうちの2トップ(ラリベイと指宿洋史)の3人のうちの誰かがそこを狙ってほしかったのですが、それもうまくいきませんでした。それにプラス、選手全員が足元がおぼつかなかった。まあ、そういう意味ではうまくビルドアップもできなかったですし、僕がやってほしいようなこと、選手同士のコネクション(組織だった連係)もあまりうまくいっていなかった気がしました。なので、そういう意味ではあのフォーメーションをもう一度やるのは難しいと思います。というのは、よくなかったから」
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

茶島雄介選手「どこでも出られるように準備したい」

【1/13練習レポート】メインはほぼノンストップの前半25分間&後半35分間のハードな紅白戦

増嶋竜也選手「みんな明るいし、うまい選手が多いので、楽しくやっています」

【1/13練習レポート】メインはほぼノンストップの前半25分間&後半35分間のハードな紅白戦

佐藤優也選手「チームスローガンはパシオン(情熱)、それに進化をプラスするみたいなことで、できればいい」

【1/13練習レポート】メインはほぼノンストップの前半25分間&後半35分間のハードな紅白戦

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)