ジェフ便り

【水戸vs千葉】レポート:状況判断とプレーのミスで攻守の連係がうまくできず、清武が一矢を報いただけの完敗

船山貴之選手「水戸は調子がいいんでね。うちが上位に行くには倒さないと」

2017年06月16日 23:00 by akanuma_keiko

【写真】全体練習のメニューが終わってジョギングをしている船山貴之は、佐藤勇人と話しながら走っていた。

●船山貴之選手:
Q:前節(第18節・福岡戦)は試合の入り自体は悪くなかったと思うのですが、やっていて点が取りきれなかった要因というのは、船山選手自身はどんなふうに感じていますか。
「要因。うーん、……まあ、難しいですね」

Q:前半の途中から福岡がシステムを変えてきましたが…。
「いや、別にそういうのは関係ないです。まあ、うちの問題であって、最後(フィニッシュのところ)の精度、そこまで行くまでの精度っていうものが問題だったかなと思いますけど」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

近藤直也選手「選手一人ひとりが浮ついた気持ちにならない。自分たちのサッカーをいつも通りやっていこうと」

【J1昇格プレーオフ準決勝】レポート:微妙な判定での失点が影響してメンタル面が乱れ、攻守のミス続出で自滅感のある敗戦

比嘉祐介選手「アシストを一番狙いながらやっていきたい」

【J1昇格プレーオフ準決勝】レポート:微妙な判定での失点が影響してメンタル面が乱れ、攻守のミス続出で自滅感のある敗戦

佐藤勇人「今まで関わってくれた全ての人たちのためにも、次につなげたい」

【J1昇格プレーオフ準決勝】レポート:微妙な判定での失点が影響してメンタル面が乱れ、攻守のミス続出で自滅感のある敗戦

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)