【写真】全体練習のメニューが終わってジョギングをしている船山貴之は、佐藤勇人と話しながら走っていた。

●船山貴之選手:
Q:前節(第18節・福岡戦)は試合の入り自体は悪くなかったと思うのですが、やっていて点が取りきれなかった要因というのは、船山選手自身はどんなふうに感じていますか。
「要因。うーん、……まあ、難しいですね」

Q:前半の途中から福岡がシステムを変えてきましたが…。
「いや、別にそういうのは関係ないです。まあ、うちの問題であって、最後(フィニッシュのところ)の精度、そこまで行くまでの精度っていうものが問題だったかなと思いますけど」



この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。