ジェフ便り

【讃岐vs千葉】試合レポート:ボールを保持して先制点ゲットも、微妙な判定のPKでの失点と決定力不足で引き分け

試合プレビュー:出場停止2名で守備力ダウンの讃岐から連続ゴールを奪い、隙を与えずに守りたい

2017年05月02日 22:08 by akanuma_keiko

 

第9節・横浜FC戦で0-4の大敗を喫し、仕切り直しの一戦となった前節(第10節)・徳島戦だが、思いがけない展開となった。右サイドの広瀬陸斗とともに讃岐のサイド攻撃のキーマンである、左サイドのプレーヤーの馬渡和彰が14分と早い時間にあろうことかボールパーソンへの乱暴な行為で一発退場。徳島は数的不利な状況となったため、いつもほどのプレスの強度がなく、千葉が押し気味に試合を進めて23分に高橋壱晟が先制ゴールをゲット。だが、その後は決定機を作っても、シュートの精度不足や徳島の必死の守備もあって、追加点をなかなか奪えない。徳島は19分の選手交代でDFの石井秀典を入れると4バックから3バックに変更し、千葉に押し込まれていると見ると、徳島のリカルド ロドリゲス監督はさらに前半のうちに4バックに変更して対応。そして、後半開始から調子をン生かしたポストプレーに加えて足元のうまさもある山﨑凌吾を入れ、前線のサイド寄りで起点を作って反撃した。だが、千葉は第9節よりも1対1の局面で粘り強くプレーし、交代出場の指宿洋史が90+4分にドリブル突破から移籍後初ゴール&J2初ゴールとなるチームの追加点をゲット。決定力など特に守備面に課題を残しながらも2-0で勝った。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs東京V】レポート:前から行く形とブロックの守備の使い分けで無失点も決定力を欠いてスコアレスドロー

【千葉vs東京V】レポート:前から行く形とブロックの守備の使い分けで無失点も決定力を欠いてスコアレスドロー

船山貴之選手「もっと食える(ボールを奪える)場面もあったし、もっと狙いを持ってやれば、もっといい形でボールを取れたと思います」

【千葉vs東京V】レポート:前から行く形とブロックの守備の使い分けで無失点も決定力を欠いてスコアレスドロー

熊谷アンドリュー選手「最後に(佐藤)勇人さんと一緒にやれたというのは、自分にとっては本当にお世話になった人ですし、嬉しかったです」

【千葉vs東京V】レポート:前から行く形とブロックの守備の使い分けで無失点も決定力を欠いてスコアレスドロー

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)