ジェフ便り

【千葉vs京都】試合レポート:攻守に甘さが生むミスが目立ち、土壇場のパワープレーでの近藤の得点で引き分け

試合プレビュー:相手を押し込む時間を長くして先制点を奪い、前からの連動した守備で優位に立ちたい

2017年03月31日 23:18 by akanuma_keiko
前節(第5節)は湘南に0-2で敗れ、J2リーグ戦5試合目にして早くも連敗を喫してしまった千葉。湘南に主導権を握られ、終始、優位に立たれてしまった要因の1つが、前からのプレスがうまく機能しなかったこと。だが、それは単に守備の問題というのではなく、せっかく相手から奪ってマイボールにしても攻撃時にミスでボールを失うことが多かったからだと、フアン エスナイデル監督は話した。ボールの失い方の悪さ、そして失う回数の多さから、よりよい前からの守備ができずに苦戦してしまったということは、例えば攻撃を最後方から見ていることに加え、攻撃のスタートとなるプレーもするGKの佐藤優也も認識している。佐藤優は「今のうちのサッカーをやっていると、相手に先制点を取られちゃうときつい。やっぱり押し込む時間帯を長くしたい」と話した。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs水戸】レポート:攻守を修正して矢田と為田の移籍後初ゴールが生まれ、粘り強く守って勝ちきる

【千葉vs水戸】レポート:攻守を修正して矢田と為田の移籍後初ゴールが生まれ、粘り強く守って勝ちきる

キム ボムヨン選手「力をしっかりと入れて、もっと前から戦いたい」

【千葉vs水戸】レポート:攻守を修正して矢田と為田の移籍後初ゴールが生まれ、粘り強く守って勝ちきる

為田大貴選手「スペースがいっぱいあったので、仕掛けることをすごく意識できる状況にありました」

【千葉vs水戸】レポート:攻守を修正して矢田と為田の移籍後初ゴールが生まれ、粘り強く守って勝ちきる

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)