ジェフ便り

【第22回ちばぎんカップ】レポート:序盤は目指す形が見られるも、その後は押し込まれ続けて攻守の課題が多く残る

【第22回ちばぎんカップ】レポート:序盤は目指す形が見られるも、その後は押し込まれ続けて攻守の課題が多く残る

2017年02月12日 18:57 by akanuma_keiko


0-2というスコアの結果以上にちばぎんカップの内容は厳しいものとなった。千葉が2015年シーズンに福岡と対戦した時にその好守で得点を阻まれるシーンが多かったGKの中村航輔をはじめとする柏の守備陣の隙のなさ、そしてクリスティアーノ、ディエゴ オリヴェイラ、ハモン ロペスという突出した能力を持つ外国籍選手3人が前線にいる柏のパワフルな攻撃は、J1の中でもハイレベルだ。だが、それにしても、この一戦での千葉の攻守はチームとして選手個々としても好材料よりも課題のほうが多く目についた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【2017年シーズン総括】新戦術に取り組んで成長したチーム(1)

【2017年シーズン総括】新戦術に取り組んで成長したチーム

【2017年シーズン総括】新戦術に取り組んで成長したチーム(2)

【2017年シーズン総括】新戦術に取り組んで成長したチーム

【J1昇格プレーオフ準決勝】レポート:微妙な判定での失点が影響してメンタル面が乱れ、攻守のミス続出で自滅感のある敗戦

【J1昇格プレーオフ準決勝】レポート:微妙な判定での失点が影響してメンタル面が乱れ、攻守のミス続出で自滅感のある敗戦

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)