ジェフ便り

讃岐戦レポート:課題の『決定機を作って決めきる』『球際で勝ってマークを緩めない』を再認識した最終節

試合プレビュー:サイドと中央の攻め方やクロスの入れ方の工夫で堅守を崩し、速攻を防いで勝ちきりたい

2016年11月19日 18:27 by akanuma_keiko
千葉はいよいよ今季の公式戦のラストゲームを迎える。11月18日に発表された今季のチームスケジュールによると、現時点ではトレーニングゲームの予定はなく、本当の意味で選手がユニフォームを着て試合をするのは最後となるようだ。そして、最終戦ともなると『有終の美』『今季の集大成』『来季につなげる』という特別な意味をどうしても求めがちだが、長谷部茂利監督代行はいつものようにあくまでも『42分の1』として勝利を求めると話した。その一方で、選手たちはやはり「勝って終わりたい」という感じで口を揃えた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs岡山】レポート:今季初の複数得点でホーム初勝利と攻撃は好調も、2失点した守備に複数の課題が残る

【千葉vs岡山】レポート:今季初の複数得点でホーム初勝利と攻撃は好調も、2失点した守備に複数の課題が残る

小田逸稀選手「ホームでずーっと勝てていなかったので、サポーターの皆さんと喜びを分かち合えたことはすごく嬉しかったです」

【千葉vs岡山】レポート:今季初の複数得点でホーム初勝利と攻撃は好調も、2失点した守備に複数の課題が残る

サウダーニャ選手「(フクアリでのゴールは)非常に気持ちよかったですし、サポーターの方々の笑顔が見られたことをさらに嬉しく思っています」

【千葉vs岡山】レポート:今季初の複数得点でホーム初勝利と攻撃は好調も、2失点した守備に複数の課題が残る

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)