ジェフ便り

讃岐戦レポート:課題の『決定機を作って決めきる』『球際で勝ってマークを緩めない』を再認識した最終節

岡本昌弘選手「1つの試合に対する取り組みは大事だと思うんです」

2016年11月19日 18:39 by akanuma_keiko


【写真】試合の動きを見つめる岡本昌弘選手

●岡本昌弘選手:
Q:次が最終節になりますが、スカウティングの映像を見るのは明日(11月18日)だと思うのですが、最終節の相手の讃岐の印象はどのようなものですか。
「映像を見るのはこれからなんですけど、堅く守ってというのがあって、別に悪いイメージはないですけど、嫌なカウンターを狙ってきたりとかあって、しっかり守備をするチームというイメージがあります」

Q:しっかり守ってカウンター攻撃もあるし、例えば木島良輔選手の豪快なシュートがあったりするだけに、リスクマネジメントが重要になると思うので、そこは意識されるところだと思います。
「はい、そうですね。しっかりやるべきだと思います。やれることをしっかりやって、自分たちができることを最大限やって勝ちにつなげられればいいかなと思います」
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

尹晶煥監督「3連戦の最後の試合ですし、集中力が90分続けば、うまく試合を運べるんじゃないかなと思います」

【千葉vs岡山】レポート:今季初の複数得点でホーム初勝利と攻撃は好調も、2失点した守備に複数の課題が残る

新井章太選手「GKの仕事は(シュートを)止めるだけではなくて相手の攻撃を終わらせるのが一番なので、次も心がけたい」

【千葉vs岡山】レポート:今季初の複数得点でホーム初勝利と攻撃は好調も、2失点した守備に複数の課題が残る

船山貴之選手「もっと(攻撃の)形というのをしっかりしていきたい」

【千葉vs岡山】レポート:今季初の複数得点でホーム初勝利と攻撃は好調も、2失点した守備に複数の課題が残る

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)