ジェフ便り

讃岐戦レポート:課題の『決定機を作って決めきる』『球際で勝ってマークを緩めない』を再認識した最終節

【讃岐戦直前レポート】 ピッチのサイドと中央を使い分け、速くて低いクロスをうまく使ってゴールを奪う。

2016年11月18日 20:19 by akanuma_keiko

晩秋から初冬に季節が変わっていくこと感じさせた前日と違い、日向にずっといると思わず「暑い」と感じてしまうような陽射しが降り注いでいた11月17日のユナイテッドパーク。いよいよ最終節となった11月20日の讃岐戦に向けての練習では、各選手が今季のラストゲームの出場に向けて熱気あふれるプレーで必死にアピールしていた。

【写真】ずっと浴びていると暑ささえ感じてしまう暖かな陽射しのもとで練習が行なわれた11月17日のユナイテッドパーク。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

尹晶煥監督「3連戦の最後の試合ですし、集中力が90分続けば、うまく試合を運べるんじゃないかなと思います」

【千葉vs岡山】レポート:今季初の複数得点でホーム初勝利と攻撃は好調も、2失点した守備に複数の課題が残る

新井章太選手「GKの仕事は(シュートを)止めるだけではなくて相手の攻撃を終わらせるのが一番なので、次も心がけたい」

【千葉vs岡山】レポート:今季初の複数得点でホーム初勝利と攻撃は好調も、2失点した守備に複数の課題が残る

船山貴之選手「もっと(攻撃の)形というのをしっかりしていきたい」

【千葉vs岡山】レポート:今季初の複数得点でホーム初勝利と攻撃は好調も、2失点した守備に複数の課題が残る

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)