ジェフ便り

【J2第36節千葉vs松本】レポート: 修正は見られるも決定機をモノにできず、警戒していたセットプレーの失点で敗れる。

岡野洵選手「意外と堂々とやれたかなと思います」

2016年10月16日 20:27 by akanuma_keiko
●岡野洵選手:
Q:Jデビュー戦になりましたが、緊張はありましたか。
「緊張する間もなく出たので、緊張はしなかったです。ピッチの中に入っちゃえば自分はそんなに緊張するタイプじゃないので、意外と堂々とやれたかなと思います」

Q:交代出場する時に長谷部茂利監督代行やコーチ陣からはどのような指示がありましたか。
「いつも通りということが大きかったと思います。焦らずいつも通りやってこいと言ってもらいました」
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【柏vs千葉】レポート:球際の勝負での個の力も連係という組織の力も柏に負け、攻守でいいところなく完敗

【柏vs千葉】レポート:球際の勝負での個の力も連係という組織の力も柏に負け、攻守でいいところなく完敗

【柏vs千葉】プレビュー:激戦必至の千葉ダービーに勝つには、攻守の献身性と球際での強さが必要不可欠

【柏vs千葉】レポート:球際の勝負での個の力も連係という組織の力も柏に負け、攻守でいいところなく完敗

【千葉vs鹿児島】レポート:シュート決定力、マークやポジショニングのミスなど課題は残るも2-1で勝ちきる

【千葉vs鹿児島】レポート:シュート決定力、マークやポジショニングのミスなど課題は残るも2-1で勝ちきる

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)