ジェフ便り

【J2第18節 千葉vs東京V】試合レポート「我慢の前半を耐えて2点リードするも交代策で流れが変わり、守備のミスで2点を失う」

試合レポート:我慢の前半を耐えて2点リードするも交代策で流れが変わり、守備のミスで2点を失う

2016年06月15日 11:43 by akanuma_keiko
1991年6月11日にクラブが創設されたことから、今節からホームゲーム3試合で千葉の前身の古河電工サッカー部時代を彷彿とさせるデザインの『クラブ設立25周年記念ユニフォーム』を着用して戦う千葉。だが、記念すべきその初戦は、試合前に開催された『スタートトゥデイ(ZOZOTOWN)Presentsレジェンドマッチ』でジェフレジェンドが前半に失点はしたものの後半の2得点で逆転勝利を収めたのに対して、2得点は同じでも2失点して引き分け。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【京都vs千葉】レポート:フィニッシュの精度とアイデアの不足で得点できず、終盤に隙を突かれた失点で敗れる

【京都vs千葉】レポート:フィニッシュの精度とアイデアの不足で得点できず、終盤に隙を突かれた失点で敗れる

【京都vs千葉】プレビュー:『3人目』の動きでフィニッシュの質を高め、強度とスピードのレベルを上げて守る。

【京都vs千葉】レポート:フィニッシュの精度とアイデアの不足で得点できず、終盤に隙を突かれた失点で敗れる

【千葉vs東京V】レポート:前から行く形とブロックの守備の使い分けで無失点も決定力を欠いてスコアレスドロー

【千葉vs東京V】レポート:前から行く形とブロックの守備の使い分けで無失点も決定力を欠いてスコアレスドロー

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)