ジェフ便り

【J2第18節 千葉vs東京V】試合レポート「我慢の前半を耐えて2点リードするも交代策で流れが変わり、守備のミスで2点を失う」

阿部翔平選手「足が止まってきたと思うんですけど、もう1点取りに行くというところと、落ち着いてしっかり守りに入るところとはっきりしたかった」

2016年06月12日 20:58 by akanuma_keiko
●阿部翔平選手:
Q:2-0から2-2に追いつかれた原因をどのように考えていますか。
「全体的に次第に足が止まってきたと思うんですけど、もう1点取りに行くというところと、落ち着いてしっかり守りに入るところとはっきりしたかったというのがあると思います。あとは攻撃の終わり方がちょっと悪かったと思います。パスを出すところがいっぱいあったりしたので迷っていい攻撃をしたいというのもあったと思うんですけど、そこを少し厳しくてもシュートで終わって、ゴールキックになるにしろGKが弾くにしろ、そういう結果で終わったほうがよかったなと思います。そこで取られるとやっぱり後ろ向きのスプリントというかそういうのが増えてきてしまったので。そういう回数が増えると、連戦というのもありましたし、どんどん足が止まってきちゃったのかなと思いますけど」
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【町田vs千葉】プレビュー:攻守両面で球際の強さを発揮し、アイデアのある攻撃と集中力を維持した守備を目指す

【町田vs千葉】プレビュー:攻守両面で球際の強さを発揮し、アイデアのある攻撃と集中力を維持した守備を目指す

【千葉vs群馬】レポート:守備のやり方の変更は奏功するも、2点目を奪えず、最後まで守り切れずに逆転負け

【千葉vs群馬】レポート:守備のやり方の変更は奏功するも、2点目を奪えず、最後まで守り切れずに逆転負け

為田大貴選手「毎年、こういう状況が続いているというのが現状だと思うので、どこかで早めに打開しないといけない」

【千葉vs群馬】レポート:守備のやり方の変更は奏功するも、2点目を奪えず、最後まで守り切れずに逆転負け

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)