ジェフ便り

【J2第18節 千葉vs東京V】試合レポート「我慢の前半を耐えて2点リードするも交代策で流れが変わり、守備のミスで2点を失う」

近藤直也選手「もう少し連係ができていればあんな簡単にサイドからクロスは上げられないと思う」

2016年06月12日 20:59 by akanuma_keiko
●近藤直也選手:
Q:2-0から2-2に追いつかれて引き分けるという第16節・札幌戦と同じ結果で悔しい引き分けではあると思うのですが、いい時間帯の精度はどんどん上がっているし、悪いところがこれだけ明確だったら、そんなに悲観する必要もない気がするのですが、どう思われますか。
「確かに点が取れ出しているし、相手の守備が崩れている場面も出てきているから、それで点も取れている。ただ、点を取ったあとに足が止まるというか、守備のところでもサイドからクロスで危ないシーンが何本もあったし、本当にシンプルなんだけど、サイドを割られちゃうというか、もうちょっとそこの守備のところでサイドバックとサイドハーフのところの関係というか、もう少し連係ができていればあんな簡単にサイドからクロスは上げられないと思う。そこのところかな」


この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【町田vs千葉】プレビュー:攻守両面で球際の強さを発揮し、アイデアのある攻撃と集中力を維持した守備を目指す

【町田vs千葉】プレビュー:攻守両面で球際の強さを発揮し、アイデアのある攻撃と集中力を維持した守備を目指す

【千葉vs群馬】レポート:守備のやり方の変更は奏功するも、2点目を奪えず、最後まで守り切れずに逆転負け

【千葉vs群馬】レポート:守備のやり方の変更は奏功するも、2点目を奪えず、最後まで守り切れずに逆転負け

為田大貴選手「毎年、こういう状況が続いているというのが現状だと思うので、どこかで早めに打開しないといけない」

【千葉vs群馬】レポート:守備のやり方の変更は奏功するも、2点目を奪えず、最後まで守り切れずに逆転負け

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)