ジェフ便り

【J2第18節 千葉vs東京V直前レポート】球際の激しさとハードワーク、GKは連続シュートの確実なセーブで勝利を目指す

【東京V戦直前レポート】球際の激しさとハードワーク、GKは連続シュートの確実なセーブで勝利を目指す

2016年06月11日 12:47 by akanuma_keiko
【写真】真夏のような天気の中、ユナイテッドパークでは前節(第17節)・山形戦のスタメン組を除いたフィールドプレーヤーがゲーム形式の練習に取り組んでいた。

梅雨の合間の晴れの日となった6月10日は、千葉県内では最高気温が真夏日といわれる30℃近くまで上がり、ユナイテッドパークでも真夏のような陽射しが降り注いでいた。6月4日の第16節・札幌戦を含め8日間で3試合の連戦のラストゲームとなる6月12日の第18節・東京V戦。その試合に向けた最後の公開練習では、第17節・山形戦前の最後の公開練習日(6月6日)と同様に、前節でスタメンだった選手はウォーミングアップやフィジカルトレーニングを終えると全体練習は終了。試合の対戦相手をイメージした戦術練習や紅白戦などは行なわれなかった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【1/13練習レポート】パスと動きのスピードと正確性を上げ、球際では激しくアグレッシブにプレーする

【練習レポート】パスと動きのスピードと正確性を上げ、球際では激しくアグレッシブにプレーする

【無料掲載】1/13練習の様子

【練習レポート】パスと動きのスピードと正確性を上げ、球際では激しくアグレッシブにプレーする

佐藤勇人選手:「みんなすごく前向きですし、やる気に満ちあふれている」

【練習レポート】パスと動きのスピードと正確性を上げ、球際では激しくアグレッシブにプレーする

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)