ジェフ便り

【J2第5節千葉vs群馬】試合レポート:試合を支配して複数の決定機をモノにできず、勝点2を取りこぼすスコアレスドロー

試合レポート:試合を支配して複数の決定機をモノにできず、勝点2を取りこぼすスコアレスドロー

2016年03月28日 11:14 by akanuma_keiko
両チームの監督の記者会見が終わってから行った取材エリアで、千葉の選手の中で最初にそこにやってきた船山貴之は記者たちに囲まれると「ああ、俺のせいですね」と言った。66分、エウトンが右サイドで仕掛けてからゴールマウスの前を通すように入れたグラウンダーのパスを、船山がファーサイドに入ってフリーで待ちかまえてシュートに行った瞬間、誰もがゴールと思ったはずだ。試合後のコメントとして掲載済みだが、船山自身も「もう入った」と思ったという。「気持ちが先に出ちゃったのがよくなかったのかなぁと思いますね」と悔やんだシュートは、「ボールもスリップして思った通りに来なかった」こともあって「思ったように当たらなかった」ミスキックになり、ゴールポストの横に外れてノーゴール。試合はスコアレスドローに終わっただけに、船山には痛恨の場面となった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs東京V】レポート:技術と対千葉戦術が優れた相手に先制され、反撃を仕掛けるも無得点で課題が残る敗戦

【千葉vs東京V】レポート:技術と対千葉戦術が優れた相手に先制され、反撃を仕掛けるも無得点で課題が残る敗戦

岡野洵選手「行く時と行かない時の使い分けをもっと明確にしていかないと」

【千葉vs東京V】レポート:技術と対千葉戦術が優れた相手に先制され、反撃を仕掛けるも無得点で課題が残る敗戦

鈴木大輔選手「自分たちがブロックを作って、(ボールを)取ったあとに自分たちの時間帯は前半から何度か作れていたので。その時間を長くするということがまずは一番大事かなと思います」

【千葉vs東京V】レポート:技術と対千葉戦術が優れた相手に先制され、反撃を仕掛けるも無得点で課題が残る敗戦

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)