ジェフ便り

【J2第5節千葉vs群馬】試合レポート:試合を支配して複数の決定機をモノにできず、勝点2を取りこぼすスコアレスドロー

阿部翔平選手「今日は試合の中で選手の距離間がいい時と悪い時の差があった」

2016年03月26日 19:21 by akanuma_keiko
●阿部翔平選手:
Q:前節までの試合は前半の戦いぶりは硬めの感じで後半からエンジンがかかる感じがありましたが、今日は前節までの試合に比べると、前半からうまくパスも回ってエンジンがかけられていた気がします。
「今日は相手が守備的に入ってきていたので、必然的に僕らが主導権を握って(ボールを)回せる時間が多かったのかなとは思いますね」
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs東京V】レポート:技術と対千葉戦術が優れた相手に先制され、反撃を仕掛けるも無得点で課題が残る敗戦

【千葉vs東京V】レポート:技術と対千葉戦術が優れた相手に先制され、反撃を仕掛けるも無得点で課題が残る敗戦

岡野洵選手「行く時と行かない時の使い分けをもっと明確にしていかないと」

【千葉vs東京V】レポート:技術と対千葉戦術が優れた相手に先制され、反撃を仕掛けるも無得点で課題が残る敗戦

鈴木大輔選手「自分たちがブロックを作って、(ボールを)取ったあとに自分たちの時間帯は前半から何度か作れていたので。その時間を長くするということがまずは一番大事かなと思います」

【千葉vs東京V】レポート:技術と対千葉戦術が優れた相手に先制され、反撃を仕掛けるも無得点で課題が残る敗戦

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)