ジェフ便り

【J2第3節千葉vs横浜FC】試合レポート:縦の仕掛けと横の揺さぶりで生まれた船山の見事なボレーシュートで勝ちきる

試合プレビュー:クロスを上げさせずにボールを奪って守り、チャレンジするプレーでゴールを狙う

2016年03月14日 15:03 by akanuma_keiko
前節(第2節)の千葉はセットプレーなどで得点機を作りながらも岡山の堅守をなかなか崩せず、後半に岡山の大きなサイドチェンジのパスを使った左右の揺さぶりに対応しきれず連続失点した。ゴール前のDFの枚数は足りていなかったわけではないが、ボールに意識が行きすぎてDFの背後や間にうまく入りこんだ岡山の押谷祐樹をマークしきれなかった。その守備の改善を図るため、3月10日はいくつかあったゲーム形式の練習でボールを持った相手をサイドに追いこみ、まずはそこでクロスを上げさせない守備をすることを徹底する意識付けを行なった。そして、クロスを上げさせないだけでなく、できればそこでボールを奪い、素早い攻守の切り替えで速くフィニッシュまで持ちこむ狙いを持って守備をする。開幕から2試合連続で先に失点しているだけに、失点阻止は重要な目標だ。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs徳島】プレビュー:攻守に献身的な姿勢で粘り強く戦い、連動して相手の裏を取る攻撃でゴールを狙う

【千葉vs徳島】プレビュー:攻守に献身的な姿勢で粘り強く戦い、連動して相手の裏を取る攻撃でゴールを狙う

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

佐藤勇人選手「千葉県民として今日は本当にパワーをもらいました」

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)