ジェフ便り

【スタジアムからの便り】J2第1節徳島戦

試合プレビュー:千葉が『1点』を取りきって勝つチームになれるのか変化に注目したい開幕戦

2016年02月27日 19:43 by akanuma_keiko
シーズンオフに大幅な選手の入れ替えを行なって注目され、スカパー!ニューイヤーカップ3試合、そしてちばぎんカップでは4戦全勝と結果を出した千葉。だが、本当の戦いはJ2リーグ開幕戦から始まる。プレシーズンマッチでは各チームが今季のメンバーでやろうとするサッカーに試行錯誤しながら取り組む。だが、リーグ戦ともなると相手の長所を消すことが特長というチームもあり、堅守が武器というチームもある。そして、昨季までの千葉はそんなチームからゴールを奪えず、勝ちきれずにJ1昇格を逃してきた。

徳島に対して、千葉は昨季までの対戦時のイメージから「守備が堅いチーム」という印象を抱く選手が多い。その徳島は今季、2012年から4シーズン指揮を執った小林伸二から、2013年からヘッドコーチを務めた長島裕明が監督に昇格する形で監督交代。長島監督は監督を務めるのは初めてだが、徳島を3シーズン指導して長所も短所も熟知している。高知キャンプのあとの宮崎キャンプでは4-3-3、4-1-4-1のシステムも試したようだが、基本は千葉と同じ4-4-2が濃厚。だが、対千葉となると自由にプレーさせないように、その一戦に特化したシステムを採用するチームもいる。だが、佐藤優也は「システムがどうとかそんなものはピッチに立てばわかることなので。その中でうまく対応できる人間というのも多くいますし、試合前には誰が出てくるというのはわかるわけですから、そういう部分ではいつも俺はそこまでそんなに心配はしていないです」と話した。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

小林祐介選手「自分があまり動きすぎずに真ん中でどっしり構えつつ、3バックのサポートをしながら、常にワンタッチ、ツータッチで縦パスを狙っていました」

【水戸vs千葉】櫻川ソロモン選手「本当にチームとして勝ちたかったですし、自分のゴールで勝利を勝ち取れたことは本当に良かったなと思います」

櫻川ソロモン選手「本当にチームとして勝ちたかったですし、自分のゴールで勝利を勝ち取れたことは本当に良かったなと思います」

【水戸vs千葉】櫻川ソロモン選手「本当にチームとして勝ちたかったですし、自分のゴールで勝利を勝ち取れたことは本当に良かったなと思います」

【水戸vs千葉】プレビュー:水戸のパスワークを連動したプレスで防ぎ、ミスを恐れずにパスをつないでゴールを狙う

【水戸vs千葉】櫻川ソロモン選手「本当にチームとして勝ちたかったですし、自分のゴールで勝利を勝ち取れたことは本当に良かったなと思います」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)