ジェフ便り

【スタジアムからの便り】J2第42節讃岐戦

田中佑昌選手「リスク管理がちょっと疎かになっていた」岡本昌弘選手「(今季の守備のやり方に)少し合わせすぎたかなというところは自分で反省している」

2015年11月23日 19:15 by akanuma_keiko
●田中佑昌選手:

Q:ゲームプランとしては先に失点して難しくなったと思います。でも、そのあともサイドから突いて仕掛ける攻撃はできていたと思います。
「引かれた相手に対してクロスのシーンもけっこうあったけど、そこでやっぱりもうちょっと迫力を持ってゴール前に入って行かないとやっぱり点にはつながらないと思うし、そのあとのセカンドボールや相手のカウンター攻撃に対するリスク管理が、みんなが点を取ろうという気持ちになっていてちょっと疎かになっていたかなという印象が少しあります」
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs松本】プレビュー:状況を見ての臨機応変な守備と距離感の良い攻撃を継続し、今季初の連勝で上位を狙う

【千葉vs松本】プレビュー:状況を見ての臨機応変な守備と距離感の良い攻撃を継続し、今季初の連勝で上位を狙う

【町田vs千葉】レポート:町田の縦パスにしっかり対応した守備、適切な距離感の攻撃で2-0の無失点勝利

【町田vs千葉】試合後の選手コメント:新井章太選手「全員で守備をして全員で攻撃をすることによって、相手の体力を奪うこともできましたし、本当に全員に感謝しています」

新井章太選手「全員で守備をして全員で攻撃をすることによって、相手の体力を奪うこともできましたし、本当に全員に感謝しています」

【町田vs千葉】試合後の選手コメント:新井章太選手「全員で守備をして全員で攻撃をすることによって、相手の体力を奪うこともできましたし、本当に全員に感謝しています」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)