0-2というスコアの結果以上にちばぎんカップの内容は厳しいものとなった。千葉が2015年シーズンに福岡と対戦した時にその好守で得点を阻まれるシーンが多かったGKの中村航輔をはじめとする柏の守備陣の隙のなさ、そしてクリスティアーノ、ディエゴ オリヴェイラ、ハモン ロペスという突出した能力を持つ外国籍選手3人が前線にいる柏のパワフルな攻撃は、J1の中でもハイレベルだ。だが、それにしても、この一戦での千葉の攻守はチームとして選手個々としても好材料よりも課題のほうが多く目についた。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。